2010年 福袋の中身公開サイトウェブログ

出雲式福袋攻略法

福袋を買うことにはさまざまなリスクが伴います。なにしろ基本的に何が入っているのかわからないのですから。
そのリスクを少しでも避け、より自分が満足できる福袋を手にするために編み出された福袋の選び方マニュアル、名づけて「出雲式福袋攻略法」を公開します。
今は実際のお店だけでなく、インターネットショッピングでも福袋が変えてしまう世の中。
福袋と鬱袋を見分けるチカラがないと福袋戦争には勝てません!

【2009 福袋対策1】 福袋の中身が一部わかっていても安心できない
店頭や通販ペイジ等でよく見かけるのは「メガバスPOP X入り」とか「必ずバーバリーの財布が入っています」とかそういう一部福袋の中身を公開している福袋。そりゃあ「婦人服福袋」としか書かれていない福袋よりは安心できます。
しかしながら安心するのはまだ早い。1つの目玉商品で釣ってあとはゴミというパターンが横行しています。釣具福袋ではもはや常套手段。管理人の場合さらに悲惨な事態が待ち構えていたのですがあとでご紹介します。

【2009 福袋対策2】 福袋の中身の総額表示にだまされるな!
前項に続いてよく見かけるのが「総額5万円のところをなんと1万円で!」とかいう表示。通常販売価格での総額なら納得できますが、大抵は参考上代(いわゆる定価)換算です。普段定価の5~6掛け程度で販売されている商品詰め合わせても定価総額なら立派な額になってしまう。管理人の例では数年前「メガバスPOPX入り総額¥30,000以上の商品を¥10,000」という釣具福袋を買ったところ、知らんおっさんが出てる参考上代¥4,900のビデオが2本、海外製のわけのわからん参考上代¥5,000のでかいルアーが入って総額の大半を占めるというゴミ袋だったことがあります。

【2009 福袋対策3】 前年度福袋情報をあつめろ!
前年度の福袋の中身情報は大変有効です。当サイトでは2008年 福袋の中身で皆さんのご協力により多数の情報が公開されています。前年と内容が大きく異なることも起こりうるのですが、参考になることは確実です。従来は鬱袋やゴミ袋をつかまされてもその鬱憤を晴らすことができませんでしたが、このように公開する場所を設けることによって実態を世間に晒すことができるようになりました。また、お店側にとっては晒されてしまう危険ができたことでうかうか不良在庫処理袋は作れなくなるというシナジー効果も生まれています。

【2009 福袋対策4】 心配なら絶対失敗しない福袋を買え!
世間にゴミ袋や鬱袋があふれる中、絶対失敗しない福袋が存在するのも事実です。過去数年のデイタによると「上州屋釣具福袋」・「ミスド福袋」・「タリーズコーヒー福袋」・「TRD福袋」・「BMW福袋」・「アップルストアー福袋」はハズレがありません。特にTRDは普段値引き販売がほとんどない分、総額が定価で換算されても猛烈にお得。そのほか地元のスーパーで売られている¥1,000以下のお菓子福袋もハズレが無いように思います。

【2009 福袋対策5】 ネット販売のゴミ袋を見抜く
インターネット上でも数多くの福袋が販売されます。実物を手にとって吟味することができないリスクがあります。さらに誇張して書いてある場合も多く、信じていいのか悪いのか判断も難しい。そこで出雲式ゴミ袋の見抜き方をお教えしたいと思います。
●販売ペイジの構成で見抜く
やたらとでかい画像を何枚も使い、さらにでかい文字で謳いまくり、購入ボタンにたどり着くまでに延々とスクロールさせるペイジで販売している福袋はゴミ袋。ついでに”!!!”エクスクラメーションマーク(びっくりマーク)を多用しているところは地雷が多いです。福袋商戦と時期が重なるクリスマスも注目。”X’mas” と誤表記しているところは地雷の可能性大です。
●販売者の心理・製作背景を画像から見抜く
子供が食べてる写真を使っているサイトが沢山あります。かわいらしい印象を与えますが写真をよく観察してください。売り物と思われる食品をべたべた子供が触っている場合は、衛生管理がきちんとできていないかもしれません。ついでにお箸やスプーン・フォークの持ち方にまで目をやってみましょう。きちんともてていなければ基本教育が行き届いていない可能性が高く、福袋もその程度ってことです。
次に店長の顔写真がやたらと貼ってあるところ。自己顕示欲が高く、なおかつ自分に自信を持っていることが多いです。人の話は聞かないので福袋にいちゃもんつけられても改善しようとしない。
●100袋追加!即完売!さらに100袋追加!残り5個です。
この手の追加販売をやるところは避けましょう。購入者の「今買わなくちゃなくなっちゃう」という心理を煽るのが見えみえ。また完売することによって「人気がある」という錯覚を作り出す効果もあり。
●「幻の超レア福袋」、「神様の福袋」など、大げさな表現の福袋は地雷
こんな名前の福袋に限って販売数量が3桁だったりする(笑)。幻といいながら20個も30個も販売していたらおかしいでしょ?はい、ゴミ袋です。

【2009 福袋対策6】 ネット販売の福袋を買うなら少しでもお得に買う
楽天市場をはじめとする、インターネットショッピングサイトで福袋を買うなら、ほんのわずかですがお得に買える方法があります。
その1はクレジットカードを作ることです。たとえば楽天カード楽天カードのクレジットカードなら、入会時にもれなく2,000ポイントもらえるほか、楽天市場上での買い物の際に+1%ポイント還元が受けられます。
クレジットカードでの決済に手数料が取られることはまずありません。オーソリ確認も瞬時にできるため、すぐに発送してもらえることが多いです。唯一の心配事はクレカ情報の漏洩です。管理人も一度某大手アウトドア系ショップで漏洩しました。
銀行振込を利用する場合は、店頭のATMや窓口で振り込み手続きをすると手数料が600円くらい取られてしまいます。
そこでオススメなのがインターネットバンキングです。ジャパンネットバンクeBANKイーバンク銀行といったネットバンクは他行への振り込み手数料が安く、また同行の本支店宛送金の場合には手数料が無料もしくは数十円になるためとてもお得です。これら2つのネットバンク口座を開設するショップがどんどん増えているため、利用の幅はさらに拡大していきます。

【2009 福袋対策7】 実店舗でしか買えない福袋
糞寒い中長蛇の列に並ばないと買えないのが有名デパートの福袋や大型電気店の福袋。朝早くから並んで整理券をもらわないと買えないのが普通です。それだけ魅力がある福袋が販売されるかというとそうでもないようですが…。でもどうしてもほしいならそれなりの覚悟で挑みましょう。なにしろ寒いので徹底的な防寒対策が必要です。管理人は釣り人なのでよく発熱素材を使用した下着で武装します。暖かいですよ。
 また、開店直後の様子をテレビでよく放映されますが、それを見る限り途中までは店員さんといっしょにゆっくり進む→突然客一斉にダッシュというパターンです。そうなると如何に早くお目当てのフロアに到達するかが課題となります。エレベーターは当然混雑します。エスカレーターで駆け上がってぶつかってくるバカもいます。もしも上層階でなければ階段を使いましょう。さらに事前にフロア設備を把握しておく必要があります。 入り口も1箇所に制限されるのか、それとも複数あるのか。複数ある場合はどの入り口からアプローチするのが最短ルートとなるのか等。入り口制限等に関しては事前に発表される場合があります。発表されていなければ店員さんに尋ねててみましょう。ここでもうひとつ、7項で取り上げる重要なことを頭に入れて置いてください。

【2009 福袋対策8】 福袋の行列に並ぶ場合の心得
人気福袋となると前夜からの行列なんてのもあります。そういう福袋の行列に参加する場合は友達同士で行くようにしましょう。トイレ行きたくなっちゃうじゃん。トイレ行ってる間に順番詰められちゃうとかなしいですからね。いっしょにつきあってくれる友達がいない場合や、はなっから友達なんていイネーヨという場合は行列前後の人とコミュニケーションをとり、トイレ行ってる間に順番を取っておいてくれるように頼みましょう。たまに順番をとっていた振りをして仲間を入れる人たち(次項で解説)もいるので、そういう人たちと間違われる場合もありますが…。

【2009 福袋対策9】 店頭で買う福袋 選ぶ余裕があるとき
大抵は店頭に並べられた福袋からランダムに渡されてしまいますが、余裕のある紳士的なお店では「どれがいいですか?それぞれ中身が違いますから手にとって選んでください。」などと言って選ばせてくれます。筆者はその時並べられていた福袋全部を手にとってみました。軽いものから重いものまで様々。貧乏臭い筆者は「重いものこそ豪華」と思い込み、一番重いものを選んで購入。車に戻って福袋を早速開封。一瞬で鬱に。でかくて重い写真用アルバムが3つも入ってたwww。逆に軽いほうを買った友人には商品券2万円分をはじめ、軽いけれども重みがあるものが入っていました。「重量が重い=中身が充実」とは限らないことを覚えておいてください。

【2009 福袋対策10】 プロのテンバイヤー (転売屋)
人気福袋に必ず沸いて出てくるのがテンバイヤー(註:転売屋×バイヤー)です。オークションで数倍の値段にふっかけて転売して生計を立てる人々です。もうこいつらは一般消費者のレヴェルを越えているプロですので悲しいですが堅気がどうこうできる問題ではないです。。ちょっと昔はいかにもな装いの屈強な男性が多かったので見分けが付きやすかったのですが、最近ではごく普通の主婦がテンバイヤーになっています。もう見分けが付きません。さらにさらにテンバイヤーは仲間のテンバイヤーをいわゆる平気でズルコミ(割り込み) させるので性質が悪い。前夜から並ぶのは当たり前、さらにテントや暖房器具まで持ち込んで陣取り、一人で10袋ぐらい買い占めていきます。最近ではお店側も対策として「お一人様一個限り」とする場合もありますが、今度は歩けもしないようなガキを連れて人数に入れるということも平気でやります。
 ということで、こいつらのせいで買えないときがあるということを頭に入れて置いてください。テンバイヤー情報は「2ちゃんねるオークション板」で随時報告されているので目を通しておくといいかも。そしてなによりこいつらをのさばらせない方法は「人気福袋のオークションがあっても上代を越えて入札しない」ということです。

【2009 福袋対策11】 万が一ゴミ袋・鬱袋を買ってしまったら…
福袋は開封後の返品なんてできませんから素直にあきらめましょう。でも自分が要らないものでも他の人はほしがっているかもしれません。そこで便利なのがインターネットオークションです。いらないものはバンバン売り払ってしまいましょう。こうすることで手元にはほしいものだけが残り、さらに銭も戻ってくるので大変効率が良いです。管理人の場合は、不要なものを出品したらそれがたまたまとある分野でのレア物だったらしく、福袋購入額以上になってしまったなんていううれしい経験もあります。

Last Revised 2007.12.09 Powered by WordPress ME

Copyright 2008- izumo All rights reserved.